NEXT STAGE
〜夢と情熱を持って未来への確実な一歩〜

西東京青年会議所のホームページへようこそ。
西東京青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を理想とし、責任感と情熱をもった20歳から40歳までの青年が集い、『修練』『奉仕』『友情』という三信条のもと、地域の課題に積極的に取り組んでいます。

西東京青年会議所について
お知らせ

【九州北部豪雨災害支援の募金運動にご協力ありがとうございました】

平成29年7月10日(月)
この度の平成29年九州北部豪雨災害に際し、お亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表するとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私たちは少しでも被災された皆様のお役に立ちますように、有志にて緊急支援募金活動を行いました。多くの皆様のご協力を頂きまして、【15万6983円】をお預かりしました。
このお金の支援先ですが、被害の大きい朝倉市のボランティアセンターを運営する社会福祉協議会等を想定していましたが、まだ、雨が続き、受け入れ体制が整っていないことから、朝倉市社会福祉協議会と防災協定を結んでおり、ボランティアセンターの立ち上げの中心になるであろう同志である【公益財団法人朝倉青年会議所】に送金をして、被災地のために役立て頂こうと決め、本日付で、送金をさせて頂きましことをご報告致します。
義捐金と異なり、支援金はスピード感を持って、現場支援の準備に役立てて頂くということが重要であると考えましたので、ご理解のほどを賜ればと思います。
引き続き、支援を継続してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

ABOUT US

西東京青年会議所とは

西東京青年会議所の特徴

私たち西東京青年会議所(西東京JC)は西東京市および近隣に在住、在職の20歳から40歳までの会員で構成された非営利目的の社会奉仕団体です。

「奉仕」「修練」「友情」の三信条に則り、行政へのまちづくり提言や市民参加型事業の創造、青少年育成の活動や諸団体との交流等、多岐にわたる活動を通じて人間力の開発、地域のリーダーとなる人材の育成を行っております。そして、現役会員や卒業生は地域の政治、経済、市民活動においての重要な役割を担っています。

行政合併に先駆け誕生した私たち西東京青年会議所は、人口流入の続く大都市近郊のベットタウンとして、大きな発展と変貌を日々遂げている西東京市を舞台に、市民、行政、企業と連携しつつ、明るい豊かな社会の実現を目指し、運動を展開しています。

設立の経緯

田無青年会議所と保谷青年会議所は、各々の市が健全な都市となるには両市の合併が不可欠であると考え、行政合併を推進すべく、1990年より様々な運動を行ってきました。

その結果、2001年1月を目標として法定協議会が設置されましたが、市民の合併に対する関心は決して高くはありませんでした。

そこで両青年会議所は、変革の能動者として合併に対する気運を高めるため、そして新しいまちのビジョンを明確にし、明るい豊かな社会を築き上げるため、新しい青年会議所の設立を決意し、行政合併に先駆け2000年に(仮称)田無保谷青年会議所(現西東京青年会議所)が誕生しました。

創立宣言文

我々は、この緑豊かな武蔵の地に今始まる新しいまちの青年として、積極的変化の創造を基軸とする、夢と活力ある住み良い自立都市の確立に向けて、指導力の開発を行い、社会的責任を担い、起業家精神を養い、多くの友と友情を深めながら雄飛することを目的としここに集結した。そして、その実現のため、いま我々はここに(仮称)田無保谷青年会議所の創立を宣言する。

GREETING

理事長挨拶

2017年度西東京青年会議所
第18代理事長

樋口 信太郎

はじめに

「我々は、この緑豊かな武蔵の地に今始まる新しいまちの青年として、積極的変化の創造を基軸とする、夢と活力ある住み良い自立都市の確立に向けて、指導力の開発を行い、社会的責任を担い、起業家精神を養い、多くの友と友情を深めながら雄飛することを目的としここに集結した。そして、その実現のため、いま我々はここに(仮称)田無保谷青年会議所の創立を宣言する。」

今から16年前、田無市・保谷市の合併に先駆けて、全国で774番目の青年会議所として産声をあげるにあたり尽力された先輩諸兄は、西東京青年会議所創立宣言文にこう記しました。それから17年目を迎えようとしております。一年一年、青年会議所運動の歴史を築き、積み上げてこられた先輩諸兄に心からの敬意を表し、我々の運動に多大なるご理解とご協力をいただいている地域の皆様に深く感謝を申し上げ、2017年度をスタートさせていただきます。

夢と活力ある西東京市の創造

西東京市は東京都区部の西部に隣接し、武蔵野台地のほぼ中央に位置しています。人口約20万人、昼夜間人口比率80%、市外に通勤、通学する人の割合が高いベッドタウンで夢と活力のあるまちづくりのために何をしなければならないのでしょうか。

一つの答えは、未来を生きる地域の宝、すなわち今を生きる子ども達にあります。

未来を生きる子ども達に、私達がかつて経験した子どもの頃の風景を伝えていかなければなりません。子どもの頃、近所の公園で友達と遊び、夕方になると家に帰る。今では、そんな当たり前だった原風景が失われつつあります。地域の未来を担う子ども達を取り巻く環境は劇的に変化しております。「無縁社会」と呼ばれる、他人に興味を持たず、つながりを大事にしない社会においては、日本人が大切にしてきた協調性や他を慮る心さえも低下させているのではないでしょうか。子ども達を取り巻く環境の変化は、未来の環境の変化にもつながります。礼節を重んじ、挨拶をし、ありがとうと言うことが当たり前であること。私達が経験したこと一つ一つが子ども達の豊かな心を醸成します。

この西東京市で心が豊かになる経験をした子ども達は夢と活力ある人財になってくれるに違いありません。未来ある子ども達に礼節、挨拶、感謝を大切にし、豊かな心を醸成する、夢と活力ある西東京市につながる事業を展開します。

指導力開発機会の提供

青年会議所に課された使命は、「より良い変化をもたらす力を青年に与えるために発展・成長の機会を提供すること」にあります。青年会議所は、多くの事業を通じて40歳までの限られた時間の中で、常に成長のための機会を提供する団体であるべきだと考えます。また、自らが地域や企業のリーダーとなることを目指し、互いを磨き合うことで成長をする場であります。

近年、青年会議所歴の浅いメンバーが増え、その多くに求められる役割や責任は大きくなっており、メンバーのさらなる資質向上が不可欠となっております。その中で青年会議所における様々な機会は、自らを成長させる貴重な経験となります。メンバー各々がどのような変化にも対応できる柔軟な考え方を、青年会議所の持つネットワーク、トレーニングの機会で身につけ、真のリーダーへと成長していく必要があるのです。かけがえのない機会を逃すことなく、身に付けた知識や考え方を自分の魅力へと高め、家庭、職場にその経験を還元し共有することができます。そのことが強い組織を形成し、その力は青年会議所運動を地域へ推し進める原動力となるのです。

未知なる世界へ挑戦するには勇気が必要です。しかし、自分のものにしようという気概と覚悟があれば、一つ一つを学び、吸収し、全てが人生の糧となるはずです。次のステージへ一歩踏み出すリーダーを育成する事業を展開します。

政治参加意識の醸成

「西東京青年会議所初の事業が市長選公開討論会である」
とある先輩から教えていただいたことです。当時、全国で始まる市町村合併に先駆けて合併した西東京市。行政合併を推進すべく行政に先駆けて合併した西東京青年会議所は、政策誘導型政治に向け、新市初の市長選公開討論会を開催いたしました。昨今では、投票率が下がり、政治離れが進んでいると言われております。西東京市の市長選の投票率においては、平成13年の49.64%から前回の36.93%へと毎回減少しております。また昨年改正された公職選挙法では、18歳まで選挙権年齢が引き下げられ、西東京市では4000人近くの若者に政治選択の機会が増えました。これは戦後、選挙権年齢がこれまでの「25歳以上」から「20歳以上」に引き下げられたと同時に、女性に参政権が与えられ、社会が大きく変化するきっかけとなってから、70年ぶりの新制度と言っても過言ではありません。

しかし、年齢が引き下げられたとしても投票率が上がるとは限りません。特に年齢の引き下げられた有権者に、候補者の人柄、政策が見える機会を設けなくては、正しい政治選択ができないと考えます。西東京青年会議所は、明るい豊かな西東京市の実現に向けて政治参加意識が向上する機会を積極的に提供します。

多くの友と友情を深め雄飛する

「明るい豊かな社会の実現」のために、まずは地域の方に西東京青年会議所の事業や、運動を西東京市民の方々にご理解いただき、そして運動に対する理解者、賛同者を増やす必要があります。そのためには広報が重要な役割を持つと考えます。わんぱく相撲や、公開討論会など、メディアに注目される機会が増えたことや、情報発信ツールが増え、多様化し情報を得る機会が増えているからこそ、情報発信のあり方を考え、事業の目的にあった手法を使い、効果的に発信します。

西東京市には20歳から40歳までの若者が、4万5000人以上います。一人でも多くの方と共に運動を発信することができれば西東京市がさらに良くなり、発展するに違いありません。

青年会議所運動は、仲間を増やす運動でもありますが、数にこだわり過ぎることは避け、運動に理解を示し、活動する方々が必要です。しかしながら、未だに青年会議所運動が浸透しているとは言えません。会員一人一人が青年会議所運動を楽しみ、そのことが伝播すれば多くの青年に興味、関心、共感を持ってもらえると言えます。

独りよがりにならず、一方的な発信に留まらず、「共感」を構築し、広報活動に掛け合わせることが次のステージの広報発信力となり、共鳴できる仲間づくりにつながるのです。

結びに

私は西東京市で生まれ育ったわけでもなく、経営者でもありません。生まれ育ったまち、家族の住むまちのために運動するメンバーをうらやましく思うこともありました。私はなぜ西東京市のために運動をしているのか。西東京青年会議所は私の所属すべき場所なのか。疑問に感じ、長く在籍しているメンバーになぜ青年会議所に入ったのか。なぜ運動を続けているのか。よく質問をしていたことを記憶しています。

学び舎だから、いっぱい失敗をして家庭や職場に活かす場所だよ。3年続けて後悔したら入会金、年会費を払ってあげるから続けてみな。来年続けることができるかわからないのだから一年間精一杯やってから考えてみては。などのアドバイスをいただき、できることをできる限りやって参りました。

おかげさまで、うまくいかず、情けなくて申し訳なくてどうにもならないという経験を何度もさせていただきました。そして失敗しても失敗しても応援し続けてくれる方に支えていただき、感謝することを覚え、恩返しをしたいという気持ちから少しは人のお役にたてるようになってきたと考えております。

本年度、理事長という大役をつとめる機会をいただきました。素晴らしいメンバーが多数在籍する中、これまで育てていただいた恩返しのつもりで僭越ながら理事長職を受けることと致しました。私は西東京青年会議所のおかげで考え方、発言、行動が変わり、たくさん成長できたと実感しております。この成長できる機会を一人でも多くの方に提供できるよう努めてまいります。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

私達は、明るい豊かな西東京市の創造に向けて日々運動を展開しております。私達が夢を持たずに、明るい豊かな西東京市が実現するでしょうか。

来年度へ最高のバトンタッチができるよう、5年後、10年後のますます発展する西東京青年会議所につながる一年となるよう、まずは私自身が夢と情熱を持って精一杯取り組むことをお誓い申し上げ、所信とさせていただきます。

新入会員募集中

西東京青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を理想とし、責任感と情熱をもった20歳から40歳までの青年が集い、『修練』『奉仕』『友情』という三信条のもと、地域の課題に積極的に取り組んでいます。

ORGANIZATION

組織図


拡大して表示
SCHEDULE

年間予定


拡大して表示


ページトップ